子育て 絵本

【2児のパパが6社を比較!】絵本のサブスクおすすめはコレ!

筆者は6歳の息子と3歳の娘二人の子供の父親です。平日は仕事で買えりが遅く、帰宅するころにはだいたい子供は寝てしまっています。

寝顔には癒されますが、やっぱりもうちょっと子供と触れ合いたいなというのが正直な想いですね。

その分土日はたくさん子供達と遊んであげるようにしています。土日の夜の寝かしつけは私の担当で、絵本を2冊読んであげています。下の子はまだお昼寝をするので、その時も絵本を読んであげています。

そこでいまいち自信がもてないのが『絵本選び』です。

絵本の読み聞かせによって子供は登場人物の気持ちを想像し、様々な感情・心の動きを知って感情豊かになると言います。また、想像力が豊かになることで視野が広がり、思考の幅は広がって人から愛される人間に育つと言います。

そんな子供に育ってほしい!!!と心から願う!

休日に本屋さんに行ったときは「好きな本買ってあげるよ~」と言うのですが、選ぶのは息子がゲーム(マリオ)関係の本、娘は映画で見たディズニー系の絵本。

親としては心に残るような名作絵本を読んであげたいのですが、今の年齢にちょうど良い絵本がなんなのかさっぱりわかりません。

そこで今回試しためたのが『絵本のサブスクサービス』です!

子供の年齢・成長に合わせてピッタリな絵本をプロが選書して送ってくれるという、まさに私にピッタリすぎるサービス!

実際に送られてきた絵本を読み聞かせして感じたのが、『読み聞かせの時の子供達の集中力がすごい!』ということです。物語に世界にすっかり入り込んで夢中になっていることが表情からわかります。

今回はそんな絵本のサブスクサービスを提供している6社を利用してみたレビューを元に詳しく比較をし、おすすめのサービスをご紹介します!

絵本のサブスクサービスとは?

まずは絵本のサブスクサービスがどのようなものかを簡単に解説したいと思います。

絵本のプロが年齢・成長に合わせて選書してくれる

一番の特徴はこれです!サービスに子供の年齢(生年月日)を登録することで、子供の年齢・成長に合わせてピッタリな絵本をプロが選んで毎月届けてくれます。

これまで何冊が私のセンスで絵本を買ってあげたことがあります。「海外の作家が書いた絵本で、ちょっと怖いけど面白そう!」と思って選んだのですが、完全に父親の自己満足でした。

1回読んだだけで次からは拒否されちゃいました。理由は「怖い」とかです。恐らく子供の年齢に合ってなかったんだろうなと思います(好みもあると思いますが)。

絵本のサブスクサービスで送ってもらった絵本は子供の興味にドンピシャなのか、明らかにリピート率が違います!

「え?またこれ?昨日も読んだよ?」と土日連続同じ絵本なんてこともちょくちょくあります。

基本はレンタルではなく買取

サブスクサービスと聞くと、『一定期間経過したら返却する』というイメージがあるかもしれませんが、現在ある絵本のサブスクサービスは全て買取りになります。

基本は新品の絵本が送られてきますが、中古の絵本が毎月4冊、月額2,728円(税込)で届くサービスもあります。

送られてくる本の数もサービスによって違うので、自分にあったサービスを選んでください。

絵本の重複を避けたいならリクエスト機能をチェック!

既に持っている絵本との重複を避けたい方は、リクエスト機能のあるサービスを選びましょう。

マイページから配本リストがチェック出来て、同じ絵本はリストから削除できるサービスもあります。

全部が定額のサービスではない

サブスクと聞くと料金は毎月定額と思うかもしれませんが、中には「選書された絵本によって毎月料金が異なる」サービスもあります。

ただし、平均は月2,000円~3,000円程度なので、毎月そこまで大きく価格が違うわけではありません。

絵本のサブスクおすすめランキングTOP6!

【第1位】WORLDLIBRARY Personal

おすすめポイント

  • 月額1,300円(送料・消費税込)で世界の絵本が毎月1冊届く
  • 選書のプロが発達段階に合った作品を選んでくれる
  • Amazonでも買えないような魅力的なラインナップ

WORLDLIBRARY Personalの基本情報

月額料金 1,100円(税込)
送料 200円(税込)
届く冊数 毎月1冊
最低利用期間 なし(※1)
対象年齢 1歳3ヶ月~7歳11ヶ月
兄弟プラン あり
リクエスト機能 あり
支払い方法 クレジットカード

※1…配本3回未満で退会した場合3ヶ月間再加入できません。

WORLDLIBRARY Personal利用レビュー

WORLDLIBRARYの最大の魅力は世界の絵本が届くという点です。今後日本はますますグローバル化が進み、異なる文化を持つ世界中に人とのコミュニケーションが増えると思います。絵本を通して多様な文化に触れられるのは魅力です。

サービス内容は定額(月1,100円+送料200円)で毎月1冊の絵本が届くシンプルな内容です。届く絵本は選書のプロが月齢や発達段階に合わせて選んでくれます。

料金は定額ですが、届く本は最低でも定価1,100円以上の本が選ばれています。中にはAmazon等で買うと2,000円以上する本もありお得です。

絵本はストーリー絵本だけでなく、“つまむ、ひっぱる”など指先を動かしながら楽しめて知的発達をサポートする『しかけ絵本』も送られてきます。

兄弟で利用する場合は二人分申込をするという形になります。リクエスト機能も用意されていて、マイページの配本予定で持っている本をチェックすれば別の本に変えてもらうこともできます。

不満に感じた点

6歳の息子と3歳の娘二人分で申し込みましたが、送料は普通に2冊分かかってしまいました。二人以上の申込で割引になったりすると嬉しかったです。

こんな方におすすめ

  • 絵本を通じて外国の文化に触れさせてあげたい方
  • 信頼できるプロに選書してほしい方
  • 月額料金を抑えて絵本サブスクを楽しみたい方

\ お申込みはこちら/

公式サイト

 

【第2位】絵本のサブスク

おすすめポイント

  • 月額2,728円(税込)で毎月4冊届く
  • 子供の年齢、成長、性別に合った良書をプロがセレクト
  • 最短1ヶ月からいつでも解約できる

絵本のサブスクの基本情報

月額料金 2,728円(税込)
送料 無料
届く冊数 毎月4冊(中古本)
最低利用期間 1ヶ月
対象年齢 0歳~6歳
兄弟プラン なし
リクエスト機能 なし
支払い方法 クレジットカード

絵本のサブスク利用レビュー

お得にたくさんの良書を子供に読んであげたいなら『絵本のサブスク』がイチオシ!

月額2,728円(税込)で毎月4冊なので1冊あたり682円です。プロが選んでくれてこの価格はお得です。

筆者は6歳(息子)と3歳(娘)二人の子供がいますが、たまに古本屋さんで好きな本を買ってあげています。ただ、古本屋さんの絵本コーナーには「品揃えが少ない!キレイな本は結構高い!」という不満がありました。

それに、どの本を選べばいいか悩む!時間もかかる!おまけに、今の年齢でどんな本が喜ぶのかもわからず、結局有名で無難な本ばかりを選んでしまいます。

そんな不満を全部解消してくれたのが『絵本のサブスク』です。

中古本ですがキレイですし、絵本は元々作りがしっかりしているのでボロボロな状態の本もありませんでした。「せっかくだから新品を買ってあげたい」という方にはおすすめしませんが、特に気にならない方にはおすすめです。

不満に感じた点

不満に感じた点は兄弟プランが無いことです。6歳の男の子と3歳の女の子がいるので、2冊ずつ送ってほしいという希望がありましたが、そういったサービスには非対応です。

また、持っている絵本と同じ物は送らないでねとリクエストする機能もありません。持っている本が届いた場合、返送すればその分翌月に多く送ってくれますが、返送にかかる配送料はユーザー負担となってしまいます。

こんな方におすすめ

  • 料金を抑えてたくさんの本と出会わせてあげたい方
  • 子供の成長に合った良書を読んであげたい方
  • 中古でもキレイなら気にならない方

\ お申込みはこちら/

絵本のサブスク公式サイト

 

【第3位】絵本クラブ

おすすめポイント

  • 選書のプロが年齢別に厳選した良書絵本を毎月お届け
  • 兄弟でもOK!それぞれの年齢にあった絵本を選んでもらえる
  • 持っている絵本を変更するリクエスト機能あり

絵本クラブの基本情報

月額料金 届く本により異なる
送料 594円(税込)※1回の配送が税抜5,000円以上で無料
届く冊数 毎月2~3冊
最低利用期間 1年間
対象年齢 0歳~小学6年生
兄弟プラン あり
リクエスト機能 あり
支払い方法 クレジットカード、代金引換。一括払いは銀行振込も可。

絵本クラブ利用レビュー

絵本クラブは、絵本ためしよみサイトの『絵本ナビ』が運営する絵本の定期購読サービスです。

ご注意いただきたいのが、定額制ではなく絵本が毎月届くサービスという点です。料金はAmazon等で購入した場合と同じ新品の定価なので、送られてくる本と冊数によって毎月料金はことなります。

ユーザーのメリットとしては、『選書のプロが年齢に合わせて厳選してくれる』という点です。運営が人気サイトの『絵本ナビ』なので、絵本のセレクトは素晴らしく、子供達も真剣に絵本の世界に入りこんでいました。

また、兄弟それぞれに本を選んでくれる点もお気に入りです。筆者には6歳息子と3歳娘の二人の子供がいますが、二人分のコースを申し込むことで、それぞれの年齢に合わせた本を選んでもらえます。
通常は1人分のコースで毎月2~3冊の本が送られてきますが、マイページから不要な本を削除することが出来ますので、毎月1冊ずつ届けてもらっています。

どの本が送られてくるかはマイページから1年先まで確認することが出来るので、すでに持っている本が配送予定になっている場合はリストから削除すれば重複することもありません。

不満に感じた点

不満としては、毎月の絵本代が5,000円未満だと送料(594円)がかかることです。同じ新品ならAmazonで購入すれば送料無料なので、読みたい絵本のタイトルが決まっている方はAmazon等で購入した方が良いと思います。

また、サービスは原則1年間継続する必要があります。

こんな方におすすめ

  • 子供の成長にあわせてピッタリな絵本を選んであげたい方
  • 信頼できるプロに選書してほしい方
  • 持っている本との重複を避けたい方

\ お申込みはこちら/

絵本クラブ公式サイト

 

【第4位】福音館の月刊絵本

おすすめポイント

  • 『ぐりとぐら』『はじめてのおつかい』などの良書を生み出した月刊誌シリーズ
  • 月額585円(送料・消費税込み)で毎月1冊届く
  • 子供の成長に合わせて選べる8つシリーズを用意

福音館の月刊絵本基本情報

月額料金 440円(税込)
送料 145円(税込)
届く冊数 毎月1冊
最低利用期間 1ヶ月
対象年齢 0歳10ケ月~6歳
兄弟プラン なし
リクエスト機能 なし
支払い方法 クレジットカード、Web口座振替

福音館の月刊絵本利用レビュー

『ぐりとぐら』『はじめてのおつかい』などのベストセラーを生み出した『こどものとも』シリーズが毎月1冊届くサービスです。

料金は送料込みで585円(税込)と安いですが、送られてくる本の装丁はペラペラで薄い本になります。

福音館が出版している本しか送られてきませんので、有名なベストセラー絵本を読みたい方にはおすすめしません。

『ぐりとぐら』シリーズは兄妹で大好きな絵本なので期待しましたが、送られてきた絵本を子供達が好んで読むことは残念ながらありませんでした。

不満に感じた点

購読は自動継続になっていますが、送られてくるシリーズは子供の年齢に合わせて自動で変わりませんので要注意。子供の誕生日や学年があがったタイミングでマイページから今契約しているシリーズを解約し、新しい年齢(学年)に合ったシリーズを申し込む必要があります。これはかなり面倒です。

料金が安いので仕方のない部分はありますが、送られてくる本は安っぽいです。

こんな方におすすめ

  • とにかく安く絵本のサブスクを利用したい方
  • 福音館の絵本が好きな方

\ お申込みはこちら/

福音館公式サイト

 

【第5位】童話館ぶっくくらぶ

おすすめポイント

  • 子供の名前で絵本が届く
  • 年齢にあった絵本を毎月2冊お届け
  • 兄弟で使える

童話館ぶっくくらぶの基本情報

月額料金 届く本により異なる
送料 200円(税込)
届く冊数 毎月2冊
最低利用期間 原則1年間
対象年齢 0歳~15歳
兄弟プラン あり
リクエスト機能 あり
支払い方法 クレジットカード、口座振替、ゆうちょ銀行振込

童話館ぶっくくらぶ利用レビュー

ご注意いただきたいのが、定額制ではなく絵本が毎月2冊届くサービスという点です。料金は送られてくる本と冊数によって毎月異なりますが、およそ2,300円~2,800円前後です。

ユーザーのメリットとしては、『選書のプロが年齢に合わせて厳選してくれる』という点です。絵本ナビが運営する『絵本クラブ』と似ています。

兄弟がお二人の場合、毎月1冊ずつ年齢にあった本を送ってもらえる点はとても良いです。

また、初回の配本時に『今後の配本リスト』が同封されていて、すでに持っている本がある場合は返信用はがきで伝えれば別の本に変えてもらうことができます。

不満に感じた点

原則1年間は利用しなければならないので、ちょっと試してみようかなという方にはおすすめしません。

マイページの機能がなく、手続きは電話かはがきでのやりとりが必要です。コールセンターは9:00~17:30しか繋がらず、日曜・祝日・第2土曜日はお休みです。忙しい方には不便かもしれません。

こんな方におすすめ

  • 子供の成長にあわせて絵本を選んであげたい方
  • 兄弟で使いたい方
  • 絵本の重複を避けたい方

\ お申込みはこちら/

童話館公式サイト

 

【第6位】絵本の本棚

おすすめポイント

  • 子どもの本の専門店クレヨンハウスが運営
  • 子どもの本の情報誌『クレヨンハウス通信』が無料
  • 毎月の料金は絵本代+送料(390円)

絵本の本棚の基本情報

月額料金 届く本により異なる
送料 390円(税込)
届く冊数 毎月1~2冊
最低利用期間 1ヶ月
対象年齢 0歳~小学6年生
兄弟プラン あり
リクエスト機能 あり
支払い方法 口座振替、郵便局での一括前払い(預かり金)

絵本の本棚利用レビュー

子どもの本の専門店として45年の実績を持つ“クレヨンハウス”が選書した絵本を毎月1回お届けするサービスです。

ご注意いただきたいのが、定額制ではなく届く絵本によって料金が異なるという点です。

選書はブッククラブのスタッフをはじめ、クレヨンハウス東京店のスタッフ、『月刊クーヨン』の編集部スタッフが行います。

兄弟がいる方はそれぞれの年齢のコースを申し込めばまとめて配本してくれます。送料は一人分(390円)です。

配本予定の中に既に持っている本が含まれている場合、メールまたは電話連絡で別の本に変えてもらうことができます。

不満に感じた点

クレジットカードでの支払いに対応していないのが不便でした。筆者がメインで使っている銀行は口座振替の対象外だったため、新しく銀行口座を開設する手間もかかってしまいました。

送られてくる本はAmazon等でも購入できる本がメインです。送料がかかる分、少し割引があればなあと思いました。

こんな方におすすめ

  • 信頼できるプロに絵本を選んでもらいたい方
  • 兄弟で使いたい方
  • 絵本の重複を避けたい方

\ お申込みはこちら/

絵本の本棚公式サイト

 

6社のサービス比較一覧表

最後に、ご紹介した6社のサービスを一覧表で比較します。

WORLDLIBRARY
絵本のサブスク
絵本クラブ
福音館の月刊絵本
童話館ぶっくくらぶ
絵本の本棚
月額料金
(税込)
2,728円 1,100円 届く本により異なる 440円 届く本により異なる 届く本により異なる
送料(税込) 無料 200円 594円 145円 200円 390円
届く冊数 毎月4冊
(中古本)
毎月1冊 毎月2~3冊 毎月1冊 毎月2冊 毎月1~2冊
最低利用期間 なし なし 1年間 なし 1年間 なし
対象年齢 0歳~6歳 1歳3ヶ月~7歳11ヶ月 0歳~小学6年生 0歳10ケ月~6歳 0歳~15歳 0歳~小学6年生
兄弟プラン なし あり あり なし あり あり
リクエスト機能 なし あり あり なし あり あり
支払い方法 クレジットカード クレジットカード クレジットカード
代金引換
銀行振込
クレジットカード
Web口座振替
クレジットカード
口座振替
ゆうちょ銀行振込
口座振替
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

まとめ

以上、絵本のサブスクサービス6社のサービスについて、利用レビューをもとにしたランキングと比較をお届けしました。

絵本のサブスクサービスを利用してみた感想ですが、読み聞かせ中に子供が集中していることが多くなりました。

以前は途中でフラフラしたり、もう眠いから寝るなんてこともあったのですが、今は読み聞かせの時間が本当に楽しみのようで、毎回3~4冊持ってこられることもあり、正直しんどいくらいです笑

この記事を読んでくださったあなたのお子様が喜んでくれるサービス選びの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金井 伸一

「〇〇放題」と名のつく物に目がないサブスク大好きおじさん。節約&充実したライフスタイルを目指し、様々なサブスクを使ってます!ごはん食べ放題だけはNGです。

-子育て, 絵本

© 2021 サブスタ